バッテリー交換について

バッテリー交換について

現在、取扱うパソコンはノートパソコンがほとんどです。
たまに一体型やデスクトップパソコンのお問い合わせも頂きますが、とても少数です。
仕入れようかいつも迷うところなのですが、問合せがもう少し増えれば考えようと思っています。
もちろん日数的な余裕があれば、お探ししてご提供することは可能です!

ということで、中古ノートPCを取り扱っていく中で、当たり外れが大きいものとしてバッテリーがあります。

バッテリーは消耗品です。新品のパソコンを購入してもいつかはバッテリーは劣化して交換が必要になります。
一般的に、購入時の初期容量の50%を切ると交換時期だと言われています。

この場合の「50%」は、充電中のパーセント表記ではなく
満充電で100%になっていても、購入時のような動作時間にはならないという意味です。

他店の中古ノートPCの販売ページなどを見ていると
「バッテリーは消耗品なので保証の対象外です」これは当店も同じです。
「必ず電源ケーブルを繋いで使ってください」???
などど記載がある場合もあります。

うーん。わかりますけど、、、
せめて販売時には50%を切っているものは販売したくないなと思います。

他店の購入レビューなどを見ていると、バッテリーが使えない!大ハズレ!みたいな記載もあるわけで、性能に加えて満足度を左右する大きな要素になっています。

でもやっぱりバッテリーは高いです。メーカー純正だと1万円普通に超えます。
しょうがないのもわかります。

色々複雑な思いもありますが、ひとまず当店のこだわりとしては
「初期容量の50%を切っているバッテリーは交換して販売」
という形を取っています。
仕入れた際にバッテリー容量を計測して、良い状態で販売できるように心がけています。

ひとえにお客様が、購入後に困らないように。
特に八重山は台風などで停電になることも多いかと思います。
そんなときにバッテリーがほとんど機能していなかったら、パソコンの故障にも繋がりますしね。

電源繋いで使っているからバッテリーなんかなくても困らない!という方もいらっしゃると思います。なので、コストかけて交換することがはたして本当にお客様のためになるのか?という疑問もありつつ。

基本的に自分が使いたいかどうかというスタンスは崩さないようにしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です